定例勉強会 | 2024年6月11日国内外トレンドをふまえたNFT市場の最新動向について

国内外トレンドをふまえたNFT市場の最新動向について

NFT市場はかつての盛り上がりから一転、「暗号資産の冬」とされる業界の不振の影響も受け、「NFTの終焉」と言われていました。しかし、最近では、投機的な動きが収まり、ブロックチェーンゲーム、地方創生への寄与、環境保護への貢献、RWAのトークン化など、NFTの多様なユースケースが再び注目を集め始めています。特に、今年に入りNFTNYC2024やParis BlockChain Week2024といった国際的な大規模イベントが開催され、業界は再び明るい兆しを見せています。

今回は、多くのイベントに参加されたSBINFT株式会社の高 長徳様より、現地の様子や国内外のNFTビジネスの最新動向についてお話いただきました。

【講演概要】
◆日時
2024年 5月21日(火) 19:00-20:00(ご講演45 分、質疑10 分、その他5 分)

◆テーマ
これからのNFTビジネスはどうなっていくか?国内外のトレンドや課題・展望

◆講師
SBINFT株式会社 代表取締役社長 高 長徳  氏

GMOグループ、Yahoo!JAPAN、ドリコムやモブキャストなどでプロデューサーやプラットフォーム事業責任者などに従事。2018年よりブロックチェーン領域でプラットフォーム事業を展開。2021年4月にNFTマーケットプレイス「nanakusa」をリリース、同年9月にSBIグループにジョインしてSBINFT株式会社代表取締役に就任。

◆内容
・自己紹介/SBINFTの紹介
・国内NFT市場の動向
・海外カンファレンスの様子と参加しての気づき
・海外NFT事業者やNFTプロジェクトのトレンド
・NFTビジネスの展望

◆形式
オンライン 会員限定

見逃した会員様向けにアーカイブを公開しています。
こちらよりご視聴ください。
会員のみアクセス可能。会員でアクセスできない方はご連絡ください。

ダイジェスト版はこちら

NEXT