定例勉強会 | 2024年1月31日【定例会】サンリオがクリエイター支援を抱える理由とは

サンリオがクリエイター支援を抱える理由とは

ハローキティーをはじめ日本で広く愛されている知的財産(IP)を保有する株式会社サンリオが、web3と生成AIを活用した新しいSNSのリリースを控え、注目を集めています。これには、暗号資産やNFTなどのブロックチェーン技術に基づくサービスに馴染みのない人々からも、期待の声が上がっており、新たな層のWeb3への参入が進む可能性が期待されます。

そこで、今回の定例会ではサンリオの 浜崎皓介 氏 にお越しいただき、このプロジェクトの経緯や開発時の工夫についてお話を伺いました。

【講演概要】
◆日時
2024年 1月23日 19:00-20:00(ご講演45 分、質疑10 分、その他5 分)

◆テーマ
web3らしさを感じさせずに、まず体験してもらう工夫

◆講師
株式会社サンリオ 事業戦略本部 執行役員 デジタル事業開発部担当 濵﨑 皓介 氏

経営コンサルティングファーム、リクルートを経てサンリオ入社。デジタル事業開発の担当役員としてWeb3・メタバース領域の新規事業開発を管掌し、当該領域における協業・資本提携等も担当。

◆内容
・Web3がエンタメ市場に与える影響
・Web3を通じて目指したい姿
・Web3領域での取り組み内容
・Web3エンタメのエコシステムの拡大

◆形式
オンライン 会員限定

見逃した会員様向けにアーカイブを公開しています。
こちらよりご視聴ください。
会員のみアクセス可能。会員でアクセスできない方はご連絡ください。

ダイジェスト版はこちら

PREV NEXT