日本ブロックチェーン検定運営分科会 | 2020年6月3日2020年6月2日 JBAオンラインイベント〜改正資金決済法を考える

2020年6月2日(火)に日本ブロックチェーン協会オンラインイベントを実施しました。

令和2年5月1日より、改正資金決済法や金商法等の法律とそれに伴う政令や内閣府令等が
施行されました。仮想通貨の呼称も「暗号資産」に変更されています。

それに伴い、「改正資金決済法を考える」をテーマに
JBAの理事、アドバイザリーに登壇頂き、オンラインでパネルディスカッションを実施しました。

【パネリスト】
・加納裕三 JBA代表理事 兼 株式会社bitFlyer Blockchain 代表取締役
・斎藤創 JBA顧問弁護士 兼 創・佐藤法律事務所 パートナー
・小笠原匡隆 JBAリーガルアドバイザー 法律事務所ZeLo
【モデレーター】
・肥後彰秀 JBA理事 兼 株式会社TRUSTDOCK 取締役

 

暗号資産に関するルールは、法律、金融庁事務ガイドライン、政令・内閣府令、自主規制規則、
パブリックコメント等が入り組んで複雑なものになっていますが、今回は法令等の改正施行の
全体像とブロックチェーン業界に与える影響について下記のようなテーマを軸にディスカッションしました。

■法令等改正の概要
■それぞれの業態に与える影響
(1) 暗号資産交換業者
(2) 暗号資産デリバティブ業者
(3) 暗号資産カストディ業者
(4) セキュリティトークン発行事業者
(5) ステーブルコイン
(6) ICO・IEO
(7) マイニングプール

多くの方にご参加頂き、大変盛り上がりました。
また、次回のイベントでも皆様のご参加お待ちしております!!

入会をご検討されている方の見学も受け付けておりますので、ご希望の方は事務局までご連絡ください。

PREV NEXT